ゴスペルとは

ゴスペルの歌を歌うときに心がけることは?

ゴスペルというと、歌い方に何かコツがあるのでは?と思うかもしれませんが、そういった部分は全くないわけではないにせよ、特別な経緯から発展してきた歌がゴスペルに当たるため、その部分を意識して歌ったほうが良いとアドバイスする人もいます。確かに他のジャンルの歌とはちょっと違った側面を持って生まれたのがゴスペルに鳴りますから、その点を理解して、その部分を歌で表現することを心がけると、より聞き手に伝わるかもしれません。実際、ゴスペルは教会などで歌うこともありますが、そういったときに曲そのものよりも、曲の雰囲気を聴いている側も楽しんでいる、味わっている感覚になると思われるので、その表現の部分を工夫すると良いのではないか?と思います。同時にいろいろなことを目指して歌うのは現実的に厳しいです。したがって、ゴスペルを歌っている人の中には、上手さなどは度外視して、常に気持ちを、精神を込めて歌い上げることに尽力している人もいると聞きます。元々、ポップスみたいに上手さを競い合う性質のジャンルではないため、歌が上手いとしてもその部分に共感する人がほとんどいないということかもしれません。そうなると、ゴスペルで目指す方向性はやはりそこではないということになり、いかにゴスペルが生まれた背景を理解して、歌詞の内容を踏まえて、聞き手に魅力を伝えられるか?を考えて歌うというのが良いのではないか?と思います。すなると、ゴスペルの場合には技術よりも気持ちなど内面を磨いて、それを歌うときに表現していくことに努めていく、それを普段の練習としてやっていくと良いと思います。あとはゴスペルの歌い手の様子を見て、そこから自分にない表現力などを吸収していけるとなお良いでしょう。ゴスペルは歌うときには、通常とは違った部分に意識を傾けていくと良いということであり、ちょっと難しい部分になると思いますけど、そういう特殊な部分もあるということは知っておくと良いでしょう。

「ゴスペルの歌を歌うときに心がけることは?」は、いかがでしたか?

ATOゴスペル教室は東京で最大規模のゴスペル教室です。恵比寿、銀座で全12クラスが開講中です。