ゴスペルとは

ゴスペルの歴史と奴隷貿易の関係性について

ゴスペルミュージックといえば、教会、キリスト教というイメージがあります。

なので、教会から生まれた歌だと思われる方が多いです。

ですが、このゴスペル、実は教会で作られた歌というわけではありません。

確かに、教会、キリスト教といったものが関わってはいるのですが、

それ以上に、アメリカという国の歴史が関わっています。

皆さんご存知のように、アメリカは南北戦争が終わるまで、

奴隷制度を敷いている、奴隷制の国でした。

その奴隷、正確に言えばアフリカの大地から連れてこられた奴隷が、

キリスト教の教えと聖書に出会ったことで生まれたのが、ゴスペルだったのです。

なので、ゴスペルはキリスト教の歌であると同時に、

黒人奴隷の歌でもあります。

もちろん、今のアメリカに奴隷制度はありませんし、

ゴスペルという歌が持つ意味も、当時とは違いますが、

それでも、もともとのゴスペルが奴隷たちの聖歌であったことは

今でも大きな意味を持っています。

南北戦争後、奴隷解放と共にゴスペルは独自の進化を遂げていき、

最終的にはジャズやロック、

各種ブラックミュージックなどと融合し、

今のゴスペルが生まれましたが、

それでも、もともとのゴスペルは奴隷たちの聖歌であったという事実が

薄れたわけではありません。

解放を願う奴隷たちの願望から生まれた救いの音楽、

それがゴスペルミュージックなのです。

ちなみに、ゴスペルにはもとになったものがあります。

それがスピリチュアルと呼ばれる歌です。

このスピリチュアルは、黒人たちが教会や他の場所で作った、

ゴスペルよりも宗教色の濃い宗教音楽ですが、

この歌が、ゴスペルのもとになっています。

聖書などに書かれている宗教的なネタを歌詞にしている、

宗教音楽であるスピリチュアルと、

色々な音楽と混ざりあって進化したゴスペルは、

もはや似て非なる音楽と言えますが、

この2つが、元は同じものだったという歴史は

知っておいて損はないでしょう。

スピリチュアルがなければ、ゴスペルという音楽も

どうなっていたかわかりませんから。

「ゴスペルの歴史と奴隷貿易の関係性について」は、いかがでしたか?

ATOゴスペル教室は東京で最大規模のゴスペル教室です。恵比寿、銀座で全12クラスが開講中です。