ゴスペル豆知識

心に響いたあの映画の曲、ゴスペルって素敵!魅力を徹底検証!

「天使にラブソングを2」で歌われた曲「OH HAPPY DAY」などで話題となったゴスペル。この映画をきっかけに日本でもゴスペルが人気となり、習い始めた人も多くなり身近な存在になりました。日本人には目新しかったゴスペルは、ブラックコンテンポラリーと呼ばれるジャンルで、2番3番では1番とは全く違った雰囲気のメロディーに変わったりアドリブやフェイクがバンバン入る不思議なメロディに魅了されるのです。ゴスペルといえば黒人のクリスチャンが教会で歌っているというイメージですが、クリスチャンではない人も大勢歌っているんです!ゴスペルの最大の魅力といえば歌を通じて自己の表現力を高めてくれる!という点ですが、最初は英語を覚えることが大変で歌を楽しむことがなかなか難しいかもしれないですが、慣れてくるとともに、心地よく徐々に歌うことに快感を覚え、体で表現することも自然とできるようになります。また、合唱の要素も含まれていますが学校での合唱とは少し違い、笑顔でステップを踏み、ちょっとした手の振り付けもあり、時には手を叩いてリズムをとったり、歌を体で表現することはまるでダンスのようでもあり、メロディも明るく、歌詞に希望が満ち溢れているような雰囲気で、知らず知らずのうちに口ずさむ素敵な歌ばかりなのです。大人数で歌うことも多いので、ゴスペルを習うことで仲間意識も高まりたくさんの友人もできることでしょう。また、歌いながら体を動かすことでダイエット効果も期待できるんです!歌に自信がなくても、楽しみながら自然と心で感じ体が覚えてくれるゴスペル。英語の歌詞をすべて理解することは日本人にとってはとても難しいことのように思うかもしれませんが、心で感じ心で歌う、何か底知れぬエネルギーを感じるそんなゴスペルは人間にとって無限の生命力や大切な何かを教えてくれる、与えてくれる、そんな存在なのかもしれないですね。神様の言葉が自然と心にしみこんでくることそれこそがゴスペルの魅力ともいえます。

「心に響いたあの映画の曲、ゴスペルって素敵!魅力を徹底検証!」は、いかがでしたか?

ATOゴスペル教室は東京で最大規模のゴスペル教室です。恵比寿、銀座、渋谷で全18クラスが開講中です。